今日は東宝シネマにカミさんとムービーを見に行った。
表題は「殿、利子でござる」だ。
前は年よりは千円であったのに。1100円になっていた。
ムービーを確かめるのは何歳風だろうか。
ちょっと前に着いたので、ホットドッグとアイスコーヒーを頼んだ。
それを食べて中に入る。
上映時間が2時間くらいなので、前に便所に行っておく。
ミドルは女性の方が多かった。

これは仙台藩の宿場セミナーの実在の対談です。
クラスは1750歳ぐらいの対談。
つらい年貢で宿場の人たちは困っていた。
一際伝馬といって、役人とかその持ち物を運ぶのが宿場の勤めです。
これがほんとに費用が加わるのだと。
そのとき京都から奥さんを連れて帰った人様がついにしなければと。
そこで仙台藩の殿さまに値段を貸してその利子で伝馬の額を賄えようとしたのです。
その金額が1千両。いまの値段に換算すると3億円だと。

ヤバイ値段です。
これを商人を中心に取り揃えるのだ。
何年もかかって何とか集まった。
そこで肝いりという世話人に対談を通し、再度大肝いりにも対談を通して、試行錯誤があったが、なんとか対談が付いた。
それでその利子で伝馬の費用がいよいよ賄えたというエピソードです。
そもそもの対談の要因は研究酒屋の親父から始まった対談です。
それが子どもに伝わり、何とか実現したという解説だ。

昔も今も税金は激しいということですね。
大衆の叡智には感動しました。
研究酒屋は今でもあるとか。